· 

それはいつかのはなし


どこか懐かしい気持ちになる今回のタイトル♪

 

今週はウノマリエさんの個展を開催中!!

ご結婚を機に作家名をカナに変更したとのことです♡

 

確か…5年程前のこと。

マリエちゃんの個展で拝見した作品が、今も印象に残っている。

 

 

入口正面に飾られたその大きな作品には一人の人物が描かれていた。

 

それは…

 

ひとは…『生かされている』

 

そのことへの感動と奇跡を一枚の絵にしたものだった。

 

描いた動機を伺ったからなのか…

 

どうやら記憶に焼き付いていた。

 

 

人生の中で出会う人には限りがある。

 

限りのある出会いの中で、さらに深く繋がる相手は少ない。

 

だからこそ自分の内面性と引き合うから縁があるのだと思えてならない。

 

 

そんな風に考えると…

結果…自分はどうしたらいいのか??

などと、深みに嵌るので…

もうこのくらいにして…ハハッ苦笑

 

 

そんなご縁を大切に育んでいる作家さんなのだ。ウンウン

 

今回の展示は、そんな大切な縁から派生したであろう

作家自身の記憶の断片や楽しい空想の世界が広がっている。

 

一枚一枚が絵本の1ページようで

眺めているとなんだかとてもホッコリする。ハフ~

 

色彩の美しさもひたひたと心に響くのだ~♪

 

 

せっかくなので今回の画像作品のことを伺ってみた。

 

街をぐるりと銀河鉄道が走っている。

乗客を乗せてどこに向かっていくのだろう?

ワクワク感のあるこの作品は

銀河とか大好きだとう作家の空想の世界だから生まれた。

 

太陽と月に守られたぼくのまち。

 

あっちこっちに点在する教会は住んでいるみんなが守られている証。

いつもいつも神様が見守ってくれているという…。

シャワーから列車から教会から降り注いでいるのは『いのちの種』

 

そんなことで、とっても幸せな気分になれる作品なのだ~♪

 

 

「いつかのはなし」の世界にあなたも入り込んでみませんか?

残りの土日、作家さんが笑顔で皆様をお待ちしております♪

本日の作品

title : ぼくのまち

artist : ウノ マリエ / Marie Uno

あのとき、そのとき、このとき、いつのとき。過去があって今があり、そして未来になっていく。全てそれはいつかのはなし。いろんな「それはいつかのはなし」を描き集めてみました。温かくてやさしい、少し不思議な世界観を楽しんでいただきたいです。

 関連する展示会

それはいつかのはなし ウノマリエ

日程 2019年9月17日(火)~9月22日(日)
時間 11:00~20:00 ※最終日17:00まで
会場 展示室1
作家 ウノ マリエ


Art shop Enlace

日程 2019年10月1日(火)~10月13日(日) ※月曜休廊
時間 11:00~20:00 ※日曜17:00まで
会場 展示室2
作家 Gallery Enlace Selection